2018年02月05日

【2018年展覧会のお知らせ】


寒中お見舞い申し上げます。

立春過ぎてもまだまだ寒い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしですか?

ただいま冬期休館中ですが、宇都宮市の栃木県総合文化センターにて
参加型展覧会TAM[タム]展を2月23日[金]〜25日[日]開催いたします。
(詳細はチラシ、タムのホームページhttp://www.tam-mob.orgをご欄下さい。)

なお那珂川町小口での2018年の企画展覧会は以下の日程にて開催いたします。
お近くにお越しの折は、是非ともお立ち寄りください。
皆様のご来場をお待ちしております。


 ●春期「繰り返しの極意」

  期 間:320日(火)〜610日(日)

  何年も同じ主題または手法で作品を作り続けている作家たち。

  しかし同じ物はない。

  その原点は何か?

  出展作家:秋山 俊也、西澤 彰、柴田 鋭一、齋藤 裕一、臼井 明夫

       宮川 佑理子、野田 夢友、杉浦 篤、大内 健太、野口 敏久

         金森 啓太、鶴岡 一義、成宮 咲来、長沢秀之、皆川 悟

 ●夏秋期「新しい潮流」[仮題]

  期 間:710日(火)〜1125日(日)

  静岡と栃木と群馬から、若い作家たちの創る作品の力強さ、素晴ら

  しさを紹介します。

  先駆的な活動をしているwaC*(wonderful art COMMUNITYの略、

  通称ワック)という名のアートグループが静岡県にあります。ワック

  所属作家は静岡県立藤枝特別支援学校を卒業した個性的な芸術家たち。

  出展作家:[静岡]ワック所属作家20名 

       [栃木]飯山太陽、羽石充花、塩野悠斗 

       [群馬]あめんぼ所属作家6名 (予定)


18タム展フライヤー.jpg

posted by mob at 00:13| 日記